小説で稼ぐ

  オリジナル小説を売って稼ごう

自分の小説で収入を得られればそれが一番うれしいことです。

まずはその方法をいくつかご紹介します。



電子書籍出版代行サービス(紙本出版可)

こちらはアマゾンで出版できる「電子書籍」と「紙本」の出版代行サービスです。楽天も可能です。

すでに500冊以上のAmazonサイトへの出版実績があり、出版後の書籍の販促もサポートしてくれます。オリジナル表紙デザインは、10種類以上から選べ、面倒な作業は全て代行してやってくれるとのことなので、安心して初めての本をAmazonで出版することができそうです。

いつか本を出したいと思っていた方も、夢がすぐ叶います。

Webページによると、費用もそれほど高くないと感じました。
ぜひ挑戦してみてください。

詳細はこちら↓

E★エブリスタ

パソコンや携帯から、気軽に小説を投稿できるサイトです。
立ち読み用に数話分無料にし、そのあとは有料(図書券〇枚分)で販売するという形が多いようです。
読者は1日1話は無料で読めるので、すぐ続きが読みたい、というときに図書券で払うと先を読むことができるというシステムです。
売れ筋は恋愛系と推理物のようですが、他の分野でもぜひ挑戦してみてください。

↓このように自分のサイトやブログで作品を紹介できるブログパーツが簡単に作成できます↓
E★エブリスタ

ブクロブの「パブー」

パブーは電子書籍の作成と販売ができるサイトです。
誰でも簡単にブログのように電子書籍が作れ、販売できます。
しっかりしたマニュアルがあるので、簡単に作成でき、それを有料にするか無料にするかの指定ができます。
有料の「パブーのプロ版」では、月額540円でKindleストアkoboイーブックストアでの販売も可能になります。

アルファポリスー電脳浮遊都市ー

alpha_banner200_40

アルファポリスは、小説やさまざまなWEBコンテンツのランキングサイトです。
24時間内のポイントが1500ポイントになれば出版化を検討してもらえるというサイトです。

こちらに投稿インセンティブ制度というものができました。アルファポリスへの投稿作品(小説)の人気度などに応じ、投稿者に対してインセンティブを還元する制度です。
小説を投稿すると、その作品の人気度などに応じて月単位でスコアが付与されます。 貯まったスコアは、一定数以上で特典(各種商品ギフトコードや現金)と交換することが出来るということです。
詳しくはこちらのページをご覧くださいませ→アルファポリス投稿インセンティブ

知識・スキルの販売サイト【ココナラ】

「ココナラ」ではさまざまなものを売り買いできます。
自分の小説は自分で読んでも客観的な評価ができません。でもまわりの家族や友達に読んでもらうのもちょっと気恥ずかしい。
そこで「ココナラ」でオリジナル小説の感想を依頼しましょう。500円からと料金もお手頃です。
ネットで一般公開する前に、小説を精査して自信をつけましょう。


  WEBサイトを作って小説を公開し広告収入を得よう

ブログで小説を書きGoogle AdSenseで稼ぐ

Google AdSenseは、Webサイトに貼ったその広告がクリックされることにより報酬が発生するしくみのものです。
↓こんなふうに掲載されます。



こちらは審査があるので、サイトができたら申請しましょう。

AdSenseは規約が厳しく、自分のサイトの広告をクリックすることを禁じています。
サイト内容にも一部縛りがあります。

それらの規約に違反すると、広告表示を解除する通達メールがくるそうです。そうなるとこれまで発生していた報酬も支払われなくなるとのこと。規約をしっかり読んで遵守しましょう。

  文章作成が得意ならば、記事作成で稼いでみよう

記事作成の在宅ワークの募集は多いです。こちらでも稼いでみましょう。
記事作成で稼ぐ

小説執筆中の方の稼ぎ方

小説執筆中の方は、執筆時間確保のために時間に融通のきく働き方を見つけ、小説完成に本腰を入れて取り組むという手もあります。

小説の他にもこちらでは↓多くの稼ぎ方を載せているので参考にしてみてください。

稼ぎ方一覧はこちら→すべての稼ぎ方一覧から選ぶ

スポンサーリンク
「正直、働きたくない」という人がお金を稼ぐ方法
タイトルとURLをコピーしました