小説で稼ぐ

スポンサーリンク

  オリジナル小説を売って稼ごう

自分の小説で収入を得られればそれが一番うれしいことです。

まずはその方法をいくつかご紹介します。

noteで小説を売る

noteはとてもシンプルな作りのサイトで、多くの素晴らしいコンテンツで溢れています。

さまざまな人たちがnoteで情報発信をしていて、その中に小説を発表している人もいます。

noteの中にはコンテンツの有料設定があり、いろいろな使われ方をされていて、小説を有料にすることも可能です。

有料コンテンツの支払いもnoteでは簡単にできるので、有料小説をすぐ購入して読むことができます。

多くの著名人も利用しているnoteなので、たくさんの人に読んでもらえる可能性があります。ぜひ試してみてください。

詳細はこちら→noteの使い方

エブリスタ

パソコンや携帯から、気軽に小説を投稿できるサイトです。

無料の作品もたくさんありますが、有料設定もできます。有料作品を読む場合は図書券を購入する必要があります。

立ち読み用に数話分無料にし、そのあとは有料(図書券何枚分か設定可能)で販売するという形が多いようです。

売れ筋は恋愛系と推理物のようですが、他の分野でもぜひ挑戦してみてください。

エブリスタ

ブクロブの「パブー」

パブーは電子書籍の作成と販売ができるサイトです。
誰でも簡単にブログのように電子書籍が作れ、販売できます。
しっかりしたマニュアルがあるので、簡単に作成でき、それを有料にするか無料にするかの指定ができます。
有料の「パブーのプロ版」では、月額540円でKindleストアkoboイーブックストアでの販売も可能になります。

アルファポリスー電脳浮遊都市ー

alpha_banner200_40

アルファポリスは、小説やさまざまなWEBコンテンツのランキングサイトです。
24時間内のポイントが1500ポイントになれば出版化を検討してもらえるというサイトです。

こちらに投稿インセンティブ制度というものができました。アルファポリスへの投稿作品(小説)の人気度などに応じ、投稿者に対してインセンティブを還元する制度です。
小説を投稿すると、その作品の人気度などに応じて月単位でスコアが付与されます。 貯まったスコアは、一定数以上で特典(各種商品ギフトコードや現金)と交換することが出来るということです。
詳しくはこちらのページをご覧くださいませ→アルファポリス投稿インセンティブ

知識・スキルの販売サイト【ココナラ】

「ココナラ」ではさまざまなものを売り買いできます。
自分の小説は自分で読んでも客観的な評価ができません。でもまわりの家族や友達に読んでもらうのもちょっと気恥ずかしい。
そこで「ココナラ」でオリジナル小説の感想を依頼しましょう。500円からと料金もお手頃です。
ネットで一般公開する前に、小説を精査して自信をつけましょう。


  WEBサイトを作って小説を公開し広告収入を得よう

ブログで小説を書きGoogle AdSenseで稼ぐ

グーグルアドセンスGoogle AdSenseは、Webサイトに貼ったその広告がクリックされることにより報酬が発生するしくみのものです。

↓こんなふうに掲載されます。



こちらは審査があるので、サイトができたら申請しましょう。

↓ネット小説サイトの作り方の詳細ページを作ったので、参考になると嬉しいです。

ネット小説サイトはアフィリエイトやAdSenseで稼ぐことができるか
小説を書くことが大好きな人たちはたくさんいると思います。でも賞をいただいたり、それが生活を支える術にできていたりする方々はほんの一握り。書くこと、想像することは楽しいですが、それを小説として作り上げる労力や時間は並大抵のものではありませ...

自分で作るのはめんどくさい、という方は、クラウドワークスココナラなどで安くサイト制作を依頼することもできます。

文章作成が得意ならば、記事作成で稼いでみよう

記事作成の在宅ワークの募集は多いです。こちらでも稼いでみましょう。
記事作成で稼ぐ

小説執筆中の方の稼ぎ方

小説執筆中の方は、執筆時間確保のために時間に融通のきく働き方を見つけ、小説完成に本腰を入れて取り組むという手もあります。

小説の他にもこちらでは↓多くの稼ぎ方を載せているので参考にしてみてください。

稼ぎ方一覧はこちら→すべての稼ぎ方一覧から選ぶ

タイトルとURLをコピーしました