旅好きな人の稼ぎ方

旅をしながら稼ぐ

旅をしながら稼ぐ、と聞くと、旅行記をブログにアップしながら収入を得るという素敵な生活を思い描きます。

とはいえ、いきなりそれをするのは難しいので、ここでは、確実に収入を得られる方法をご紹介します。

それはリゾート地で働きながら、例えば、海・スキー・スノボ・温泉・山登りなどでそのリゾート地での生活を満喫し、春夏秋冬、繁忙期ごとに移動して短期滞在と旅を繰り返す、というものです。

リゾート地には繁忙期があるため、短期間の仕事がかなり多く募集されています。最初から期間限定なので、辞める時の気まずさなどもありません。

そして、そのような毎日なら魅力的な生活やリゾート地でのブログを書くこともできますし、もしかしたら定住したくなるほど惚れ込む土地もあるかもしれません。

また、ブログを書かずとも、生活できる収入は充分得られるので、毎日を楽しく過ごせ、視野も大きく広がること間違いなしです。

場合によっては宿泊費や食費までも無料の、リゾートでの仕事を探せるサイトをご紹介します。

後半では、そのほかの、旅をしながら収入を得る方法もご紹介していきます。



リゾートを満喫しながら季節ごとに旅をするハッシャダイリゾート

ハッシャダイリゾートでは、各リゾート地までの交通費や宿泊費までも負担してもらえます。

面倒な手続きなしで、場所・期間・職種などの希望条件を全て伝えると、

その希望に合わせたリゾートバイトのプランを提案してもらえ、「働きながら旅をする」を叶えてくれます。

滞在中も様々な相談に乗ってもらえるので至れり尽くせりです。

季節ごとに賑わうリゾートをぜひ旅してみてください。

詳細はこちらから↓


はたらくどっとこむ

こちらでもリゾートバイトの募集をしています。こちらは交通費の負担については示されていないようです。

経験豊富なコーディネーターが初めてのリゾートバイトもしっかりサポートしてくれるとのこと。

詳細はこちらから↓


リゾートバイトならリゾバ.com

リゾバ.comでは、リゾート求人の詳細をサイトで見ることができます。

登録前に募集内容がサイトで確認できるので、具体的な想像がしやすいかもしれません。
期間についても示されているので、旅することが目的ならば、短期間の仕事を選んでみましょう。

詳細はこちらから↓


ツアーコンダクターになって国内や海外を飛び回る

こちらではツアーコンダクターの募集をしています。

日本を拠点にして旅行に同行し、その日程を管理するツアーコンダクターは、とてもやりがいのあるお仕事だと思います。
それが未経験からでも応募可能です。

今回ツアーコンダクターを募集している旅行綜研は、1973年から約6000人の国内海外ツアーコンダクターを育成、輩出しているとのことです。
事前のスクール通いや資格取得はいっさい不要です。

全国で説明会を開催しているようなので、興味があれば、ぜひ参加してみてください。

詳しくはこちら↓


【0円留学】国内ワーホリ経由≫海外留学行き「Global Dive」

留学貯金0円&英語力0の留学希望者をサポートしてくれるのが「Global Dive」です。

そのカラクリは・・・
数ヶ月の国内リゾート地(外国人がよく来る場所)での仕事ののち、その資金を使って海外へ短期留学するというものです。

これら全てをサポートしてもらえます。

毎日のオンライン英会話もセットされているので、国内のリゾート地で英語に触れ、英語に慣れてから、海外留学へと旅立てるので心強く、同じような環境の仲間にも会うことができるかもしれません。

帰国後、また同じように国内リゾート地で資金をため、海外留学をする、ということを繰り返すのも可能とのこと。

詳細はこちらから↓


その他のアイデア

1. ぬいぐるみや人形の旅行代理店

ある旅行代理店で、おもしろい旅行の募集を出していました。

ぬいぐるみや人形だけを預かり、それらを旅行に連れていって、ぬいぐるみや人形と一緒に観光名所やグルメなどの写真をとり、そのデータを提供したりSNSに載せたりするというものです。

国内や海外にも連れて行くツアーがあるようでした。

まだそれほど競合他社はいないようなので、これから参入するというのはどうでしょうか?!

うまくすれば、自分の旅費だけではなく、利益も十分に得られるかもしれません。

ただし、お預かりする大切なぬいぐるみや人形たちに対する責任はしっかり持てる!という方のみにお勧めします。

手始めにココナラ などで募集して、小さく始めてみるのもいいかもしれません。旅行の予定がある方はそのついでにすぐできると思います。

2. ハンドキャリーの仕事をする

ハンドキャリーの仕事とは、緊急の荷物を人の手で直接運ぶというものです。

配送業者に預けた場合、国内なら早くても翌日、引き取りが遅ければ翌々日、海外の場合は数日かかって届けられる荷物を、ハンドキャリーでは、それだけのために人一人以上を使って運ぶため、最短で届けることができます。

そのハンドキャリーの仕事の募集をときどき見かけるので、探してみてください。

旅費はもちろん会社持ちで、ある記事によればマイルがどんどんたまるとか・・・。

きちんとした会社を見極めて、自己責任でよろしくお願いします。

まとめ

このように旅をしながら収入を得る方法はいろいろあります。

自分にあった方法で、安全に楽しくできるものを選んでみてください。

どれか一つでも参考になるものがあったらうれしく思います。

タイトルとURLをコピーしました