朝「仕事に行きたくない」と思う毎日から抜け出そう。働きたくないけどお金が欲しい人へお金を稼ぐ方法まとめ

写真を売る・写真で稼ぐ・写真の仕事

  • HOME »
  • 写真を売る・写真で稼ぐ・写真の仕事









写真にまつわるさまざまな稼ぎ方を、いろんな視点から見て紹介していきたいと思います。

クラウドソーシングで稼ぐ

クラウドソーシングとは、ネットを介して仕事や作業・アイデアなどが募集、依頼されるものです。

下記の二つはどちらも日本最大級を誇る有名なクラウドソーシングサイトです。

案件を見ていただくとわかると思いますが、かなりの数の写真関係の依頼があることがわかります。

それだけではなく、写真にまつわる仕事にどういうものがあるのか、どういうものが求められているのかなどを知ることもできます。

クラウドソーシングで良い仕事をすると、継続して依頼主から仕事をもらえる可能性もあります。

今後の糧になること間違いなしです。

ランサーズ日本最大級のお仕事マッチングサイト

ランサーズでは、141カテゴリの仕事が、日々Web上で行なわれています。その中に写真関係の仕事も多数あります。

仕事を探す」から「マルチメディア」の中の「動画・写真・画像」で探すことができます。

専門的な仕事から簡単な仕事まで、さまざまな仕事があるので、ワクワクしてくると思います。
登録はもちろん無料です。

無料登録はこちら↓


写真撮影の求人を探す

意外と盲点なのですが、一般の求人情報にも写真関係の仕事が紛れています。

通販サイトの商品写真撮影や、ブライダル関係の写真撮影、最近手軽になってきた写真館・フォトスタジオでのカメラマンや、カメラマンのアシスタント募集など多岐に渡ります。
意外な業界にもカメラマンの需要があったりします。

こちらとクラウドソーシングを合わせて、フリーランスとして稼ぐことも夢ではありません。

下記サイトで募集があるのを確認しましたので、「写真撮影」などでフリーワード検索してみてください。

ジョブセンス

採用お祝い金がもらえる場合があります。

ポートフォリオとしてのWebサイト・ホームページを作る(ついでに広告収入)

自分がどんな写真を撮っているのか、どんなジャンルが得意なのか、それをWebサイトのポートフォリオとして用意しておくと、様々な場面で有効利用できると思います。

クラウドソーシングでも、求人応募でも、そのポートフォリオのURLを記載しておくだけで、自分のことをわかってもらえ、話がスムーズに進むはずです。

ついでに、今まで撮りためた写真をジャンルごとにできるだけ多く掲載し、フリー素材として解放するのもひとつの手です。
または、写真にまつわるブログやHow toサイトでも構いません。面白かったりためになるサイトなら多くの人に見てもらえます。

そして、Google AdSenseの広告を掲載し、広告収入が得られるようにすると、そのWebサイトから収入を得ることも可能です。

Google AdSense

Google AdSenseは広告がクリックされることにより報酬が得られるシステムです。

↓このように表示されます。



Google AdSenseは規約が厳しく、自分のサイトの広告をクリックすることを禁じています。また1画面に広告ユニット 3つ、リンク ユニット 3 つ、検索ボックス 2 つまでの表示と上限が決まっています。
サイト内容にも制限があります。それらの規約に違反すると、広告表示を解除する通達メールがくるそうです。そうなるとこれまで発生していた報酬も支払われなくなるとのこと。

規約をしっかり読んで遵守しましょう。

Webサイトを作る

簡単にホームページを作成できるものをご紹介します。

ありえないほど簡単にホームページができる【Jimdo】

こちらは簡単にホームページ作成ができるサービスです。それもデザインが今ふうで、かっこいいです。笑

使える機能の違う無料版と有料版があります。

Jindoで作ったサイトで、Google Adsenseの審査が通らないという記事をいくつか見たのですが、Jindo側ではこちらの通りAdsenseを貼り付けることは可能だけど審査はGoogleの規定によるよ、みたいなことが書いてあるので、なんとも言えません。

広告収入を目指さないなら、利用してみるのもいいと思います。

↓こちらから登録できます


A8.netが運営するファンブログ

世の中には無料ブログは山ほどあるのですが、無料ブログ側で勝手に広告が出たり、自分で広告を載せることに制限があったりします。そのため、広告収入を目指すなら、そういったブログサイトはあまりおすすめできません。

そんな中で、無料のうえ、運営側の広告がでないGoogle Adsenseはもちろん、自分で好きな広告も貼れるというブログサイトがあります。

それがA8.netが運営するファンブログです。

A8.netとは、アフィリエイトを運営している会社です。

アフィリエイトとは、サイトやブログの運営者が、そのサイトやブログに広告を掲載することができ、閲覧者がその広告から移動した広告主のサイトでものやサービスにお申し込みをすると、運営者に成果報酬が入る仕組みです。
ーサイトより抜粋


ファンブログは、このA8.net無料登録することにより、無料で使うことができます。

アフィリエイトに興味がなければ、ファンブログだけ運営していても全く問題はありません。完璧に無料で使い続けられます。

ファンブログにアフィリエイトリンクを貼る場合も、とても簡単に貼ることができるので、うまくいけばそこから収入も得られます。

また、このA8.netには、セルフバッグという自分で申し込んでも報酬が発生する案件がたくさんありますので、気が向いたら、そこから自分でサービスを利用することもできます。

いろいろ便利なA8.netが運営するファンブログは、今もっともおすすめできるブログサイトです。
マニュアルもわかりやすいものをきちんと揃えているので、安心してください。

詳細・無料登録はこちら↓



*30日以上記事の更新がないと広告が表示されますのでご注意ください。

その他もろもろ

知識・スキルの販売サイト【ココナラ】

ココナラは個々人の知識やスキルを500円~で売買できるオンラインマーケットです。

自分の得意なことを「サービス」として出品できます。出品されているものを見るととてもユニークです。
得意な写真撮影など、ちょっとおもしろいアイデアをプラスしてぜひ出品してみてください。

会員数は26万人、サービス出品数は6万件を突破しているので、とても大きな市場ですよ。

詳しくはこちら↓


ワークショップが1400件以上 ストリートアカデミー

ストリートアカデミーは、「教える」と「学ぶ」をつなぐマーケットプレイスです。

個人が主催する講座・教室・レッスン・ワークショップが1400件以上揃っていて、身近なところで誰でも気軽に学ぶ・教えることができる機会を作ってくれます。

こちらでは写真講座がとても人気があるのだそうです。
講師も募集しているので、自分の主催する講座やワークショップを開催してみてはいかがでしょうか。

もちろん初心に帰り、講座を受講してみるのもいいと思います。同じ興味を持つ仲間ができるかもしれません。

詳細はこちら↓


写真を売る

一時期テレビでも話題になったPIXTA(ピクスタ)です。

写真素材の購入、販売ができます。

詳しくはこちら→PIXTA

スキルアップのためにデジタル一眼とミラーレスカメラを基礎から学ぶ

写真が好きで独学で撮り続けているけど、一度基礎をきちんと学んでみたい、という方も多いと思います。
そんな方にオススメのオンライン学習があります。

Udemyという世界最大級のオンライン学習プラットフォームで、確かな基礎が学べます。

今なら受講料が83%もオフで学べるので手軽に挑戦できます。

↓詳しくはこちら↓


スキルアップのためPhotoshopを学ぶ

写真のワザ向上のためにPhotoshopを学ぶ方法はこちら
写真で稼ぐためにPhotoshopフォトショップを簡単に学ぶ方法









1万〜3万円を無料ですぐ稼ぐ方法

【ECナビ】 は上場企業が安心運営
しているポイントサイトです。
ゲーム・アンケート・資料請求・
カード登録・モニターなどで
楽しみながらあっという間に
お金を稼げます。
↓こちらから無料登録
PAGETOP